カエンタケ【木の子れくしょん-キノコ擬人化】


キャラデザ:痲野
イラスト:痲野
解説:痲野

夏〜秋にかけて広葉樹林に生える、猛毒を持つキノコ。
毒性分はカビ毒の一種であるトリコテセン類で、
類似した化合物が化学兵器としても使用された。
致死量は3g。食した場合には胃腸や神経系など全身に不全症を起こした後に死に至る。
脱皮や脱毛、粘膜びらんなど人体の外面にも
特徴的な症状が現れる。
毒素の皮膚刺激性も強いため、汁が皮膚に付着するだけでも炎症を起こす。
また本種は、食用のベニナギナタタケと似ているため、
誤食などには十分注意が必要である。