硝化綿【爆薬擬人化-ばくだん!-】

イラスト:jacktaro
キャラデザ:浮島電行
解説:おーたむ

【構造式】


硝化綿は白~薄黄色の綿状物質。
その名の通り綿(セルロース)をニトロエステル化したもの。
ニトロセルロースともいう。

火をつけると一瞬で跡形もなく燃えて消えるので「フラッシュコットン」という名前でマジック用にも用いられている。
また、フィルム強度が高いため樹脂や顔料に添加して用いられること他、接着剤にも用いられる。

セルロースのグルコース1単位にはニトロエステル化できるヒドロキシ基が3つあり、硝化の程度によって呼び名が異なる。窒素量が13%以上のものを強綿薬、10%未満のものは脆綿薬、その中間のものは弱綿薬という。

火薬として用いるとあまり煙を出さない火薬を作ることができ、無煙火薬と呼ばれる。硝化綿のみを用いた火薬はシングルベース火薬といい、硝化綿とニトログリセリンを用いたものはダブルベース火薬という。さらにニトログアニジンを用いたものはトリプルベース火薬という。これらの無煙火薬はガンパウダーとして用いられる。

【関連イラスト】


【テンプレート】