ベニテングタケ【木の子れくしょん-キノコ擬人化】

キャラデザ:痲野
解説:痲野

夏〜秋、シラカバ林や松林などの針葉樹林に生える。
不思議の国のアリスのキノコのモチーフや、
ヨーロッパでは幸福のシンボルとして知られている。
主な毒性分はムシモール、イボテン酸などで、神経系に作用する。
本種に含まれるイボテン酸はグルタミン酸の10倍の
旨み成分でもあるため、
地域によっては塩漬けにして毒抜きするなどして
食べる地域もある。
殺ハエ作用が強く、学名のmusucariaは「ハエの」
という意味。