イカタケ【キノコ擬人化-木の子れくしょん】


キャラデザ・イラスト・解説:痲野

放射状に広がる鞭状の腕は、白いイソギンチャクを
連想させるが、横から見るとまさにイカそのものの
ユーモラスな形をしている。主に夜中に幼菌から出始め、
踊るように腕を動かして開いていく。
托の上端に載った胞子塊は次第に粘液状の塊となり、
しばしば腕同士の間隙からしたたり落ちることがあり、
魚肉が腐敗したような悪臭を放つ。